賃貸に住むことが決まった時は

進学や就職、転勤や転職など、さまざまな理由で賃貸で暮らし始めるケースは多々あります。けれど、賃貸は物件が豊富ですから、事前に明確なイメージを持つことが大切です。こだわりの条件を明確にして物件を探せば、理想的なライフスタイルを実現することができます。まずは、どのような賃貸に暮らしたいのか、希望の条件を明らかにしましょう。条件を限定しておけば、賃貸物件を探す時間が短くなりますので、とても効率的ですね。

とても重要な賃貸の価格

賃貸を選ぶ場合に、必ず把握しておかなければいけないのは収入です。収入に対して、賃貸の価格が高いと、生活費を圧迫してしまうからです。そのような事態を避けたいなら、収入における賃貸の割合をあらかじめ設定しておきましょう。賃貸を探す時に、希望の価格から探すことが可能だからです。また、上限と下限を設定することもできますので、予算の範囲内で選べるというメリットがあります。余裕を持って生活できるように心がけましょう。

正式に賃貸を契約する前に

自分の希望とぴったり合う賃貸が見つかったとしても、すぐに契約を結ぶのは危険です。まずは、周辺環境をチェックしましょう。最寄り駅まで遠いと、仕事の行き帰りが不安です。さらに、スーパーなどの店舗が遠いと不便に感じられます。また、あらかじめ不動産会社のスタッフに同行してもらって、内覧をお願いしましょう。壁や床などの傷をチェックして、入居する前に見つけたことをアピールすべきです。さらに、ドアや窓の開閉も確かめることはとても大事ですね。

賃貸を探す際の仲介業者えらびは、取扱物件数も大切ですが、いくら手数料を取られるかという点もチェックするといいです。