相続税対策はできるだけ早く始めるべし

相続税対策は、可能な限り早く始めるのがベストでしょう。理想としては、相続人が死亡してしまう前にだいたいの資産の振り分けは済ませておくのがいいのです。相続人が生きているなら、本人の意見を直接聞くことも可能になるからです。本人の希望通りに資産を親族に分配していくことができ、工夫をすれば税金の発生も抑えられます。いわゆる生前贈与という手法になりますが、額が低いなら贈与税すら発生しないこともあるのですよ。

贈与税は年間110万円まで非課税

生前贈与であれば、年間110万円までは非課税になります。あまり資産がない人であれば、これだけでも十分な相続税対策となるのではないでしょうか。工夫をすれば、完全に税金の発生を抑えることができて便利ですね。ただ、この手法では不動産等の引き渡しは難しくなります。現金や有価証券などがメインの資産であるなら、非常に話は早いです。生前贈与を行うだけで、相続の問題は解決する可能性があります。非常にシンプルなので、こうした方法を使うのであれば弁護士も税理士も必要がありませんね。

株の生前贈与がオススメできる理由

株は基本的には右肩上がりで値段を上げていくものです。ですから、基準価格が低いうちに贈与をすると、それだけお得になるということです。税金が発生するケースであっても、早め早めに贈与をしておくべきでしょう。値段が十分に上がってから贈与をしたのであれば、無駄な税金を支払う必要が出てきてしまいます。ベストなのは、暴落の時期を狙うことです。暴落時には、非常に安い税金のみで高額な有価証券を贈与できる可能性が出てきます。

相続税対策に特別な事は必要ありません。相続税の支払いは口座凍結されている事を考慮して生命保険金を利用すると良いです。